ブログ

 

IMG_0370

 

今年もやっています
蜜採りとミツロウ採りの季節です

早朝5時には高速ゲートをくぐりひた走ること1時間ちょっと
山奥のそれはそれは空気の澄んだ世界へと移動して
朝日を浴びながら鳥のさえずりや草のにおい
少し肌寒いくらいの凛とした空気を感じ
新鮮な空気を存分に吸い込んで気持ちいい深呼吸をくりかえし

さあさあお仕事開始です

一年の中でこの時期がいちばん健康的に過ごしていると思います
自然の中で仕事して緑に囲まれて好きなことができる

とても貴重な時間をお手伝いできて勉強もできて幸せなことだと思います

今年はハチに刺されないよう祈りつつ

熊の足跡発見しました

ハチの巣からとても近い距離に歩いた形跡。。。

IMG_0377

 

 

 

松本春野

気持ちがホッとできる絵本紹介いたします

誰かがそこにいた温もりや想いの詰まった物

届くといいな  みんなの心に

Life(ライフ)

いわさきちひろさんの孫にあたる絵本作家の松本春野さん

福島にも思いを寄せ作家としての関りも多くある方

NHK Eテレではモタさんの言葉 の挿絵もされています

私はモタさんの言葉がすきです

時に肩の荷が下りた気持ちになってスーッとして励まされ

軽やかな気分にさせてくれるのです

なんか最近忙しいなと思うことがあったら

モタさんとLifeおすすめです

 

 

life ライフは、街外れにあるお店の名前です。
お店だけど、誰か人がいるわけでも、物を売っているわけでもありません。
「ライフ」にやってくる人は必要な物や、気に入った物を持ち帰り、
代わりに何かを置いていくのです。

ある冷たい風のふいた日、一人のおばあさんがやってきました。

おばあさんは、おじいさんを亡くした悲しみに深く沈み、
来年の春のためにと、おじいさんが用意していた花の種をお店に置きました…。

冬の間、「ライフ」にはたくさんのお客さんがやってきては、
メッセージと共に思い出の品を置いていきました。
そして、何かといっしょにおじいさんの花の種を持って帰りました。

春になりました。
再びおばあさんが「ライフ」を訪れたとき、

そこでおばあさんを待っていたのは…。

ページTOPへ