ブログ

かぜのでんわ

作絵 いもとようこ

 

image

かぜのでんわは心で話します

静かに目を閉じ耳を澄ましてください

 

風の電話は岩手県大槌町にあります

線の繋がっていない電話ボックスがもとに作られたお話しです

ガーデンデザイナーの佐々木さんが自宅の庭に作った

風の電話ボックスには多くの方が何度も訪れるそうです

たぬきのぼうやはおにいちゃんに

うさぎのお母さんは電話で子守うたをうたい

おやすみ…と言って

きつねのおとうさんは電話の前でいつまでもないていて

ようやく受話器をとると

おれとこどもたちを残していっちゃうなんてひどいよ…と泣き

でもその後

ごめん    ほんとうはありがとうをいいにきたんだと言い

いままでほんとうにありがとう!

そしていっぱいいっぱいなきました

ねこさんはかみさまに

もしもし、かみさまですか

いきるとは

どういうことですかと問います

そしていつの日か

線のつながらないでんわがリーンと鳴り

受話器をとると

空に星が輝いて

ありがとうと言っているかのように

きらきらと輝いたほしをみて

みんなのおもいがとどいたんだと

癒されていく様子がわかります

大人になれば

あの時言えなかった想いや

もう会えないけど伝えたい感謝や

ごめんねの気持ち

あると思います

声に出してみたり

紙に書いてみたり

そんな作業はなかなか

改めてやることも少ないかもしれませんが

自分の気持ちを解放し

こころから話すことによって

癒すこともできるのです

何度でも

 

 

 

 

350_Ehon_21417

 

七夕さまが近くなると思い出すこの絵本

おこだてませんように

 

ぼくはいつもおこられる

いえでもがっこうでも。。。

どないしたらおこられへんのやろ

どないしたらほめてもらえるのやろ

ぼくは、わるいこなんやろか。。。

 

7月7日 たなばたさまにおねがいを短冊にかくのですが

このとき先生がとった気づきが

大人ならだれでもハッとしてしまうのです

子どもの目線にたてているでしょうか

その子なりの想いがある

それに気づいて受け止めること

忙しい時こそやっぱり一呼吸してこころに余裕を持ちましょう

タイトルも??不思議な言葉ですね

さて、この先のお話はえほんでおたのしみください

最近出会った子供たちが書いた短冊には

家族がなかよくくらせますようにとありました

ちいさい身体と心で一生懸命家族の幸せを祈ること

とても感動しました

 

 

 

松本春野

気持ちがホッとできる絵本紹介いたします

誰かがそこにいた温もりや想いの詰まった物

届くといいな  みんなの心に

Life(ライフ)

いわさきちひろさんの孫にあたる絵本作家の松本春野さん

福島にも思いを寄せ作家としての関りも多くある方

NHK Eテレではモタさんの言葉 の挿絵もされています

私はモタさんの言葉がすきです

時に肩の荷が下りた気持ちになってスーッとして励まされ

軽やかな気分にさせてくれるのです

なんか最近忙しいなと思うことがあったら

モタさんとLifeおすすめです

 

 

life ライフは、街外れにあるお店の名前です。
お店だけど、誰か人がいるわけでも、物を売っているわけでもありません。
「ライフ」にやってくる人は必要な物や、気に入った物を持ち帰り、
代わりに何かを置いていくのです。

ある冷たい風のふいた日、一人のおばあさんがやってきました。

おばあさんは、おじいさんを亡くした悲しみに深く沈み、
来年の春のためにと、おじいさんが用意していた花の種をお店に置きました…。

冬の間、「ライフ」にはたくさんのお客さんがやってきては、
メッセージと共に思い出の品を置いていきました。
そして、何かといっしょにおじいさんの花の種を持って帰りました。

春になりました。
再びおばあさんが「ライフ」を訪れたとき、

そこでおばあさんを待っていたのは…。

2014_1005_184039-IMGP0354

去る10月5日 絵本とウクレレのコラボに参加してくださった皆様ありがとうございました

あかちゃんも参加してくれて 小学生があかちゃんをやさしく抱っこしながら聞いていてくれた様子がとてもあったかくてほんわか気分にしてくれました

 

毎年参加させてもらっているBOOK!BOOK!AIZU!での読み聞かせ

歌と手遊びをまじえて季節を感じられるような絵本をセレクトして

小川コータさんのウクレレで物語に合う音楽をお願いして読みました

小川さんのウクレレも歌も 絵本に合うリズムで視覚も聴覚も刺激されたことと思います

(私たち初めてのコラボとは思えない出来栄え)

 

幼稚園でおなじみの手遊びうたの場面では目の前にすわったお子さんから

別バージョンもあるよーと教えてもらったりしながら

絵本に吸いこまれそうな大きく輝いた目をしてきいてくれるお子さんをみると

読み聞かせの重要性に気づかされるのです

 

もうずい分前になりますがふくしまFMで大人のための読み聞かせをしていたことがあります

その放送をきいていてこの企画に参加してくださった方もいらして

もう本当にありがたく 絵本を通じてこうして活動できることに感謝した日でした

これからもたくさんの絵本の楽しみ方を共有していきたいと思います

 

絵本セラピスト協会認定

セラピスト まさえでした

 

 

 

 

 

おつきさま

絵 葉 祥明

作 やすい すえこ

満月はたった一日だけだよ
その他はかけてるんだよ
かけててもきれいだよ

人は月に願い、祈り、そして不思議な力をもらっています

10月24日 新月

紙に感謝の気持ちで言葉を書くと願いが叶うのだそう

空に浮かぶおつきさまは1つでも

そのおつきさまを感じるものたちの数だけ

おつきさまがいる

 

葉 祥明(よう しょうめい)さんのインタビュー記事→

深呼吸したくなるような絵が魅力

 

 

ページTOPへ